新着情報


HBM-Rugle 新機能(オプション)

  項 目 
1 顔に太陽光がどのようにあたるかを可視化しました。
2 地図顔作成機能を搭載しました。
3 低輝度蓄積、高輝度蓄積機能を搭載しました。 




図.太陽位置と顔部位の光の当たり方の関係



図.地図顔作成方法



図.低輝度蓄積画像の作成方法


HBM-Rugle機能(オプション含)

  項 目 
1 各平面に投影した角度計測
2 水平、矢状断面計測
3 自動採寸計測(オプション機能) 
4 様々な3D顔画像
5 マスク装着前後の面間距離 




図.各平面に投影した角度計測




図.水平、矢状断面計測



図.自動採寸計測(オプション機能)



図.様々3D顔画像




図.マスク装着前後の面間距離


人体形状計測ソフトウェア
Face-Rugle

人体形状スキャナーで取得したデータに対して、
断面計測、空間距離計測、空間角度計測ができます。
顔の形状を研究している研究所、心理学研究室、化粧品メーカー様で利用されています。


本ソフトウェアは医療機器ではありません。




深層学習を使った画像の分類と画像の回帰
Brain-Rugle


画像の分類では
カラー画像、モアレ画像、等高線画像、深度画像にラベル付けを行い画像を分類します。
分類数は2分類3分類4分類の中から選択できます。
画像の回帰では
回帰は画像に対して得点や年齢の数値データを与え学習し、
未知なる画像の特点や年齢を推定します。



人体形状計測ソフトウェア
3D-Rugle

人体形状スキャナーで取得したデータに対して、
断面計測、空間距離計測、空間角度計測ができます。
顔の形状を研究している研究所、化粧品メーカー様で利用されています。


本ソフトウェアは医療機器ではありません。



人体形状計測ソフトウェア
Body-Rugle

人体形状スキャナーで取得したデータに対して、
断面計測、空間距離計測、空間角度計測ができます。
被服構成科様や下着メーカー様、化粧品メーカー様で利用されています。


本ソフトウェアは医療機器ではありません。



相同モデル作成支援ソフトウェア
HBM-Rugle

mHBMを使い相同モデルを作成するには様々な専門知識が必要です。
この問題を解決するためのソフトウェアがHBM-Rugleです。
HBM-Rugleを利用すればマウスを使ってランドマーク点を指定するだけで、
相同モデルを作成するために必要なデータを自動作成できます。
頭、顔、手、足、体幹、全身、骨、歯等を研究している研究所で利用されています


本ソフトウェアは医療機器ではありません。




シルエット計測

一眼レフデジカメを使った写真計測のソフトウェアです。
必要な機器はデジカメ、三脚、水準器、PC、ものさしとシンプルな構成です。
撮影したものさしから1画素の大きさを計算し画像を実寸法化します。
解剖学的ランドマークをクリックするだけで、
水平とのなす角度や身体の傾き、2点間距離が計測できます。
また、1/10縮尺印刷した印刷物を、ノギスや分度器を使って
アナログ的な計測もできます。


本ソフトウェアは医療機器ではありません。



ページの先頭へ